« 2009年5月 | トップページ

2009年6月

新日石精製水島戦 09.6.14

レノファ観戦のため帰省したのでレポートします。

●今節の結果

レノファ山口2-0新日本石油水島

前半2分  安田 

後半30分 児玉光

●スタメン

完封勝利を果たした前節から3人を入れ替えて臨んだ。

特にサイドバックは前節スタメンの多久島と藤井を、共にスタートから外すという布陣。

前節完封している守備陣をいじることは大きな賭けであっただろうが、これが結果的に吉と出た。

GK 澤野

DF 吉次 吉田 伊藤 佐久間

MF 福原 大野 鈴木 石原

FW 柏原 安田  

●不意打ち!ヤスゴール!

立ち上がり早々、観衆の不意をも打つヤスゴールが決まった。

前半2分、「キーパーが前に守っていたので狙っていた」と安田が語ったように

狙い澄ましたループシュートがネットにゆっくりと吸いこまれた。

正にしてやったりのゴールだ。試合の序盤に失点を重ねた事が敗戦に直結してしまっていたので

これを継続していくことが後半戦巻き返しへの道である。

●相変わらず攻め手に欠く

開始早々のヤスゴールはゴールラッシュを予感させたが、それは浅はかな考えであった。

攻撃のリズムが単調ゆえ、シュートまで持ち込めない。

一方で、前がかりになった新日石の攻撃は安定した守備陣によって危なげなく跳ね返す。

退屈な時間帯が続く。ヤスゴールの様なアイディアが他の選手にはないのだろうか?

この日は前回の記事で指摘した攻撃のバリエーション不足が改善されていないことを感じさせたが、

一方で前半20分に柏原がPA左で倒されたシーンや後述する児玉のプレーなど

それ以上に審判のジャッジ不運なシーンも多々見られたのが残念なところ。

単調な攻撃を一変させたミツ

しかしこのこう着状態を一変させたのが後半20分に投入された児玉ミツだ。

豊富な運動量で疲れの見えてきた新日石守備陣を翻弄。

後半29分にはオフサイドラインギリギリで絶妙なトラップを見せ、中川へ決定的なスルーパスを出すもオフサイド。

同38分にもディフェンス裏へのスルーパスに上手く反応し、キーパーと一対一の場面を作るもこれもオフサイド。

など、得点シーン以外にも再三チャンスを作っていた。子供に大人気なのも頷けるプレーの数々である。

●試合総括

2節前に5失点したとは思えないほど守備面は改善されていたが、まだまだ課題も明確。

とはいえ、リズムが良くない時間帯が続きがらも、しっかりと無失点で勝ちきったことは評価できるだろう。

これからの反撃を期待させる内容であったように思う。

●その他諸々・・

・初の周南陸観戦だったが、柱で見づらかった・・・。

・今年の残り試合は周南開催なのはアウエーチームの要望なのか?

・スタジアムでタバコを吸う人を3人も見かけたどころか、スタッフのおじいちゃんまで。おいおい勘弁してくれ。。

・物販の撤収早っ!

・ボランティアのおばちゃんたちは選手をわが子のように見守っておりました。ほのぼの。

| | コメント (71) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ